リソース

インドリーガルアップデート

HLSインドでは、会社法、税制、アドバイザリー関連の分析と共に、法規制や重要な判例等をカバーする最新情報を発行しております。

インド最新リーガルアップデート (2023年5月23日)

インド高最裁、 POSH法 (セクハラ対応法)の強化を指示

インド最新リーガルアップデート (2023年5月2日)

技術役務提供(FTS)・ロイヤルティーの基本 源泉税率が20%に

注目記事

HLSの専門家が定期発信する記事です。

日本進出や国際税務、会計、移転価格をはじめ、グローバルビジネスに携わる皆様のお役に立つ情報をわかりやすく解説しています。

インド進出すべき理由

インド経済は、世界トップの成長率を維持したまま成長を続けています。日本とインドの交流記録は紀元前752年にまで遡り、近年では日本企業の投資や進出先としてインドに注目が集まるなど、両国の結びつきはますます強くなっています。

広大で、かつ社会文化的な多様性に富むインドにおいてビジネスを成功させるためには、長期にわたる綿密なプランニングが必要といわれています。特に、顧客志向および動向に対する適切な理解と、地域特性に対応した事業戦略プランは不可欠です。

HLSグローバルは、インド進出を見据えるクライアントの皆さまに対し、進出に係る事業戦略立案や事業所等の設立、業務運営のアドバイスなどを包括的にサポートします。また、東京とニューデリーの両事務所にインド進出専門家を揃え、日英バイリンガルで各種サポートおよび手続きに対応します。

インド産業プロジェクト
インド政府の取組み

2022年までに、インドの建設市場は世界で3番目に大きいものとして浮上すると予想されています。 都市交通、上水道、下水処理などの都市インフラの自動ルートでは、100%のFDIが許可されています。

2022年までにすべての村のブロードバンド。光ファイバーケーブルの現在のルート長を220万キロメートルから500万キロメートルに増やす。

PI(外国ポートフォリオ投資)の区分解消

投資、技術革新、製造産業インフラ建設による製造業の強化

インド鉄道は、2024年までに100%電力で稼働し、2030年までに正味ゼロ排出ネットワークになることを計画しています。鉄道インフラストラクチャーは、2030年までに7,000億米ドルの投資を見込んでいます。

2030年までに450GWの年間再生可能エネルギー目標。非化石ベースの設置済み電気容量の国内シェアを2030年までに40%に増やすこと。

インド政府は、2022年までに7,410億米ドルの費用で65,000Kmの国道を建設することを目指しています。

2022年までに、3億人の若者が熟練した職務スキルを習得

IT等を駆使したハイテク都市を国内100か所に建設するほか、500都市に活気を取り戻し再生させるために約225億米ドルを拠出

ベンチャー企業育成のために15億米ドルを拠出

インド国内の公衆衛生の向上と水の浄化を推進する「クリーン・インディア」と「クリーン・ガンジス河」の両プロジェクトに100億米ドル、固形廃棄物処理場と公衆トイレの設置関連事業には65億米ドルを拠出。

出典

  • 鉄道省-PIBおよびIBEFレポート
  • 新再生可能エネルギー省年次報告書
  • 全国ブロードバンドミッション–電気通信局

インド進出のご相談はHLSインドまでお問い合わせください